Amazon Connect電話番号取得

すでにAmazon Connectの電話番号を取得している前提で開始します。
まだ未取得な方はこちらから番号を取得しておいてください。

https://ac-handson-00.netlify.com

1-1. Lambda関数を作成する

サービス部分をクリックしてメニューを展開します。そこの検索窓に「Lambda」と入力します。

s200

[関数の作成]ボタンをクリックします。

s201

各項目を埋めて、[関数の作成]ボタンをクリックします。

①関数名

AmazonConnect-BMI

②実行ロール

AWSポリシーテンプレートから新しいロールを作成

③ロール名

AmazonConnect-Role

④ポリシーテンプレート

基本的な Lambda@Edge のアクセス権限

s202

index.jsを全て下記に書き換えます。書き換えたら右上の[保存]ボタンをクリックします。

s203

exports.handler = async (event) => {
    // 身長と体重を取得する
    const heightVal = event.Details.ContactData.Attributes.HeightVal;
    const weightVal = event.Details.ContactData.Attributes.WeightVal;
    
    // BMI計算
    const bmiVal = (parseFloat(weightVal) / (parseFloat(heightVal)/100 * parseFloat(heightVal)/100)).toFixed(1);

    // 標準体重
    const stdWeight = (22 * (parseFloat(heightVal)/100 * parseFloat(heightVal)/100)).toFixed(1);

    var speechText = `あなたのBMIは${bmiVal}です。標準体重は${stdWeight}kgです。`;

    return {"BMI": speechText};
};

2-1. LambdaをAmazon Connectに適用する

サービスを展開して、検索窓に「Amazon Connect」と入力してクリックします。

s204

左側メニューから「問い合わせフロー」をクリックします。

s205

AWS Lambdaの項目までスクロールして、関数のプルダウンメニューから「AmazonConnect-BMI」の関数を選択します。
選択したら、[追加]ボタンをクリックします。

s206

左側メニューから「概要」をクリックします。[管理者としてログイン]をクリックします。

s207

2-2.問い合わせフローの作成

左側メニューのルーティングから「問い合わせフロー」をクリックします。

s208-1

[問い合わせフローの作成]をクリックします。

s208

名前を「BMIフロー」と入力します。

s209

設定カテゴリにある「音声の設定」ブロックをドラッグアンドドロップして、ドロップしたブロックをクリックします。

s210

言語は「日本語」でお好きな音声を選択してください。

s211

エントリポイントと音声の設定ブロックを繋げます。

s212

操作カテゴリの「顧客の入力を保存する」をドラッグアンドドロップしてクリックします。

s213

「テキストの読み上げ」を選択し、発話する内容を入力します。身長の桁数は3桁なので、最大桁数は3桁に設定します。

s214

ブロックを繋げます。

s215

設定カテゴリにある「問い合わせ属性の設定」をドラッグアンドドロップします。

s216

「属性を使用する」を選択し、項目を埋めていきます。
宛先キーは大文字小文字に気をつけてください。

宛先キー

HeightVal ※大文字小文字は一致させてください

タイプ

システム

属性

保存済みのお客様の入力

s217

ブロックを繋げます。

s218

操作カテゴリの「顧客の入力を保存する」をドラッグアンドドロップします。

s219

「テキストの読み上げ機能」を選択し、発話する内容を入力します。体重の最大桁数は3桁にします。

s220

ブロックを繋げます。

s221

設定カテゴリにある「問い合わせ属性の設定」をドラッグアンドドロップします。

s222

「属性を使用する」を選択し、項目を埋めていきます。
宛先キーは大文字小文字に気をつけてください。

宛先キー

WeightVal ※大文字小文字は一致させてください

タイプ

システム

属性

保存済みのお客様の入力

s223

ブロックを繋げます。

s224

統合カテゴリにある「AWS Lambda 関数を呼び出す」をドラッグアンドドロップします。

s225

関数は先程作成した「AmazonConnect-BMI」を選択します。

s226

ブロックを繋げます。

s227

操作カテゴリの「プロンプトの再生」をドラッグアンドドロップします。

s228

「テキストの読み上げ機能」を選択し、下記コードを入力します。
Lambdaから帰ってくるbodyは「$.External」に格納されます。

$.External.BMI

s229

ブロックを繋げます。

s230

終了カテゴリーの「切断/ハングアップ」をドラッグアンドドロップします。

s231

未接続のノードを全て「切断/ハングアップ」ブロックに繋げます。

s232

右上の[保存]と [公開] ボタンをクリックします。

s233

左側メニューのルーティングから[電話番号]をクリックします。

s234

電話番号をクリックします。

s235

問い合わせフローを作成した「BMIフロー」を選択します。

s236

これで電話番号かけて、身長と体重の値を入力すればBMI値が返ってきます。

3-1. プロバイダーを作成する

LINE Developersのページにアクセスしてください。

https://developers.line.biz/ja/

[ログイン]ボタンをクリックします。

s100

[LINEアカウントでログイン]をクリックします。

s101

新規プロバイダーを作成します。既にプロバイダーがある方は既存のものでも問題ありません。

s102

プロバイダー名を入力します。これは何でも構いません、お好きなお名前を決めてください。

s103

[作成する]ボタンをクリックします。

s104

3-2. 新規チャネルを作成する

[新規チャネル作成]をクリックします。

s105

[Messaging API]をクリックします。

s106

アプリのアイコンを設定します。アイコンは下記のものを利用してください。
https://raw.githubusercontent.com/gaomar/tokyo-gaomar-02/master/icon/icon.png

各項目を埋めていき、[入力内容を確認する]をクリックします。

アプリ名

Amazon Connectハンズオン

アプリ説明

Amazon Connectハンズオン

大業種

個人

小業種

個人(IT・コンピュータ)

メールアドレス

あなたのメールアドレス

s107

[同意する]ボタンをクリックします。

s108

2つのチェックを入れてから、[作成]ボタンをクリックします。

s109

作成したAmazon Connectハンズオンをクリックします。

s110

メッセージ送受信部分にあるアクセストークンの項目の[再発行]ボタンをクリックします。

s111

そのまま[再発行]ボタンをクリックします。

s112

発行されたアクセストークンは後ほど使用しますので、メモしておいてください。

s113

Bot情報部分にあるアプリのQRコードを読み取ってLINE Botと友だちになっておいてください。
その下にある、Your user IDも後ほど使用しますので、PCにメモしておいてください。

s114

4-1. Lambda Layerを追加する

AWSのLambdaページを開いてください。左側メニューのLayersをクリックして、
[レイヤーの作成]ボタンをクリックします。

s115

各項目を埋めていきます。linebot.zipは下記からダウンロードしてください。
https://github.com/gaomar/tokyo-gaomar-02/raw/master/files/linebot.zip

[作成]ボタンをクリックします。

①名前

LINEBot-SDK

②説明

LINEBot-SDK

③アップロード

ダウンロードしたlinebot.zip

④ランタイム

Node.js 10.x

s116

4-2. LambdaにLINE Botを適用する

左側メニューの[関数]をクリックします。既に作成しているAmazonConnect-BMIをクリックします。

s117

Layersをクリックして、[レイヤーの追加]をクリックします。

s118

先程作成したレイヤーからLINEBot-SDKを選択し、バージョン1を選択して、[追加]ボタンをクリックします。

s119

追加したらAmazonConnect-BMIをクリックします。

s120

下にスクロールして環境変数にACCESS_TOKENUSER_IDを追記します。
メモしておいたものをそれぞれ貼り付けます。

s121

index.jsの中身を編集して、右上の[保存]ボタンをクリックします。

s122

// LINE Botライブラリ
const line = require('@line/bot-sdk');
const client = new line.Client({
  // Lambdaの環境変数よりMessagingAPIのチャネルアクセストークンを取得
  channelAccessToken:  process.env.ACCESS_TOKEN
});

exports.handler = async (event) => {
    
    // 発信者番号
    const phoneNumber = event.Details.ContactData.CustomerEndpoint.Address;

    // LINE Botに着信履歴掲載
    await client.pushMessage(process.env.USER_ID, { type: 'text', text: `${phoneNumber}から着信` });

    // 身長と体重を取得する
    const heightVal = event.Details.ContactData.Attributes.HeightVal;
    const weightVal = event.Details.ContactData.Attributes.WeightVal;
    
    // BMI計算
    const bmiVal = (parseFloat(weightVal) / (parseFloat(heightVal)/100 * parseFloat(heightVal)/100)).toFixed(1);

    // 標準体重
    const stdWeight = (22 * (parseFloat(heightVal)/100 * parseFloat(heightVal)/100)).toFixed(1);

    // LINE Botにも結果を掲載
    await client.pushMessage(process.env.USER_ID, { type: 'text', text: `BMIは${bmiVal}\n標準体重は${stdWeight}kg` });

    var speechText = `あなたのBMIは${bmiVal}です。標準体重は${stdWeight}kgです。`;

    return {"BMI": speechText};
};

Amazon Connectの電話にかけると、LINE Botに通知が飛んできます。

s123

5-1. Bot用問い合わせフローを作成する

Amazon Connectから作成したインスタンスエイリアスをクリックします。

s160

[管理者としてログイン]ボタンをクリックします。

s161

左側メニューにあるルーティングの[問い合わせフロー]をクリックします。

s162

[問い合わせフローの作成]ボタンをクリックします。

s163

フローの名前を「LINEBotフロー」を入力します。

s164

音声の設定をドラッグアンドドロップして、ブロックをクリックします。
音声の種類を決めて[Save]をクリックして、線を結びます。

s165

プロンプトの再生をドラッグアンドドロップして、ブロックをクリックします。

s166

テキストの読み上げを選択して、発話内容を記述します。解釈はSSMLを選択して、右下の[Save]ボタンをクリックします。

s167

発話内容はこちらをコピペしてください。

<speak>
  <break time='2s' />
  ラインから電話依頼をされたのでかけました。それではさようなら。
</speak>

線で結びます。
s168

終了/ 転送カテゴリーから切断/ハングアップをドラッグアンドドロップします。

s169

線で結びます。
s170

[保存]と [公開] ボタンをクリックします。
s171

5-2. IDをメモしておく

問い合わせフローの名前の下に「追加のフロー情報の表示」という項目があるので、それを展開します。展開するとARNの情報が表示されるのでinstanceのIDとconstact-flowのIDをそれぞれメモしておきます。

s172

6-1. Lambda関数を作成する

Lambdaから新規で関数を作成します。[関数の作成]ボタンをクリックします。

s130

関数は以下の通り入力して、[関数の作成]ボタンをクリックします。

①関数名

AmazonConnect-LINEBot

②実行ロール

既存のロールを使用する

③既存ロール

server-role/AmazonConnect-Role

s131

関数が作成されたら、[Layers]をクリックし、下に表示される[レイヤーの追加]ボタンをクリックします。

s132

LINEBot-SDKとバージョンを指定して、[追加]ボタンをクリックします。

s133

AmazonConnect-LINEBot部分をクリックします。

s134

下にスクロールすると実行ロールという項目があるので、[AmazonConnect-Roleロールを表示]リンクをクリックします。

s135

[インラインポリシーの追加]をクリックします。

s136

サービスを展開して、検索窓に「Connect」と入れて検索します。出てきた[Connect]をクリックします。

s137

アクションのアクセスレベルにある「書き込み」部分を展開して、その中にあるStartOutboundVoiceContactのチェックを入れます。

s138

すべてのリソースを選択して、右下の[ポリシーの確認]ボタンをクリックします。

s139

ポリシー名を入力します。AmazonConnectPolicyとしました。右下の[ポリシーの作成]ボタンをクリックします。

s140

Lambda画面に戻り、画面更新するとAmazon Connectの権限が追加されます。

s141

6-2. API Gatewayを設定する

LINE BotがLambdaを実行するためのアクセスURLを発行します。
[トリガーを追加]ボタンをクリックします。

s142

プルダウンメニューからAPI Gatewayを選択します。
トリガーの設定項目があるのでAPIは「新規APIの作成」を選択し、セキュリティは「オープン」にします。
設定できたら、右下の[追加]をクリックします。

s143

アクセスURLは後で使うので、メモしておきます。

s145

6-3. Lambda関数を編集する

AmazonConnect-LINEBot部分をクリックして、下に表示されるindex.jsファイルを下記コードに編集します。

s146

const line = require('@line/bot-sdk');
const client = new line.Client({channelAccessToken: process.env.ACCESSTOKEN});
const AWS = require('aws-sdk');
var connect = new AWS.Connect();

exports.handler = async (event, context) => {
    const body = JSON.parse(event.body);

    var phoneNo = body.events[0].message.text;
    phoneNo = phoneNo.toLowerCase();
    // 全角→半角
    phoneNo = phoneNo.replace(/[A-Za-z0-9]/g, function(s) {
      return String.fromCharCode(s.charCodeAt(0) - 65248);
    });
    // スペース削除
    phoneNo = phoneNo.replace(/\s+/g, '');
    // ハイフンを小文字化
    phoneNo = phoneNo.split('-').join('-');
    // ハイフンを削除
    phoneNo = phoneNo.split('-').join('');
    // ドット削除
    phoneNo = phoneNo.split('.').join('');
    // 括弧削除
    phoneNo = phoneNo.split('(').join('');
    phoneNo = phoneNo.split(')').join('');
    phoneNo = phoneNo.split('(').join('');
    phoneNo = phoneNo.split(')').join('');
    // 先頭が0なら+81にする
    phoneNo = phoneNo.replace(/^0/, '+81');
    // 先頭が数字なら+をつける
    phoneNo = phoneNo.replace(/^[1-9]/, '+');
    
    const message = {
        'type': 'text',
        'text': `${body.events[0].message.text}に電話をするよ`
    };

    var params = {
        ContactFlowId: process.env.CONTACTFLOWID,
        DestinationPhoneNumber: phoneNo,
        InstanceId: process.env.INSTANCEID,
        SourcePhoneNumber: process.env.SOURCEPHONENUMBER
    };

    var calling = connect.startOutboundVoiceContact(params, function(err, data) {
        if (err) {
          console.log(err);
        } else {
          console.log(data);
        }
    });

    var response = await client.replyMessage(body.events[0].replyToken, message);
    const lambdaResponse = {
        statusCode: 200,
        headers: { "X-Line-Status" : "OK"},
        body: '{"result":"completed"}'
    };
    context.succeed(lambdaResponse);
   
};

6-4. 環境変数を設定する

LINE BotのアクセストークンとAmazon Connectの問い合わせフローのIDをそれぞれ設定します。

ACCESSTOKEN

3-2で作成したLINE Botのアクセストークン

CONTACTFLOWID

5-2でメモしたcontact-flowのID

INSTANCEID

5-2でメモしたinstanceのID

SOURCEPHONENUMBER

Amazon Connectで取得した電話番号 ※+81を先頭につけて数字のみにします

s147

7-1. LINE BotのWebhookを設定する

LINE BotとLambdaを連携するためにLINE BotのWebhook URLを指定します。
[編集]ボタンをクリックします。

s148

API Gatewayで発行したアクセスURLを貼り付けます。[更新]ボタンをクリックします。

※貼り付ける際、先頭の「https://」部分は貼り付けないよう気をつけてください。

s149

Webhook送信部分にある編集をクリックします。「利用する」を選択して[更新]ボタンをクリックします。

s150

7-2. LINE Botの設定を変更する

自動応答メッセージは利用したくないので、[設定はこちら]のリンクをクリックします。

s151

あいさつメッセージと応答メッセージをそれぞれオフにします。

s152

これでLINE Botに電話をかけたい番号を入力するとAmazon Connectから電話がかかってきます。くれぐれも電話番号の入力ミスには気をつけてください。

s153